読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワシが自律神経失調症になりまして。

心身症との20年間の付き合いの笑えないようで笑える生活をつづります

大きな勘違い! 会社を辞めても自律神経失調症が治らなかった話

会社を辞めたら治ると思たら大間違い

相変わらず朝は辛いし、暇になっても特に何もやる気は起こりません。

明日も休みなんだから、眠れなくてもいいのですが、眠れません。f:id:inunekotori:20151118145951j:plain

 

気持ちが落ち着かなくて、眠れないし、あれほど楽しみにしていた、寝る前の読書も読むペースががくんと落ちました。

午前中は体が動かず、ぼーっとしています。

 

 

月曜病はなくなったけど

競馬が結構好きで、3時過ぎになんとなく見てると「この人たちは明日は休みなんかな~」て、とてもうらやましくていっそ日曜日に働こうかと思うほど、月曜日が恐怖でしたが、毎日日曜日だとさすがにそれはなくなります。

曜日の感覚が麻痺して、「山あり谷あり」がなくなってしまうと、今度は「楽しみ」がなくなります。

少なくとも働いているときは、休みが「楽しみ」でしたが、毎日休みだとホントに楽しみがなくなるんです。何が楽しみなのかがわからなくなります。

 

谷は必要

なにか「これが終われば楽になる」みたいなものが、いわゆる「谷」ですか、それがないと、絶対に「山」はありません。

f:id:inunekotori:20151118150035j:plain

平坦なのは、以前は理想でしたが、いざそうなると、複雑です。

谷は嫌だけど、山がないの詰まらない。

詰まらないで済んだらいいのですが、そう単純に割り切れないのが、「病気」なんでしょうね。

 

予定は負担

何の予定もないのはさみしものですが、予定が入ると、これが結構負担になります。

気になって仕方がないのです。

例えばどこかへ出かける予定なら、果たしてその日は体調は大丈夫か?

もう、心配で心配で。

 

以前から外出は苦手でしたし、基本的に乗り物がだめです。人込みもだめ。

f:id:inunekotori:20151118150057j:plain

しかし、会社を辞めてからは日を追うごとに外出が苦手、出不精になっていきました。

何もなければ、ちょっとした心配事を無理やり探して、気を病む。とにかく毎日心配事探しをしているようなものです。

 

あっちこっち具合が悪くなる

会社を辞めて最初の病気にのようなものと言えば、下腹痛です。

左の下腹がずっと痛くて、でも下痢でも便秘でもなく、1か月ぐらい我慢してほっといたでしょうか。

治りそうにないので、近所の医院に行って、CT検査の紹介状を書いてもらいました。

ところが、検査の当日までに症状が治まり、結局検査を受けましたが、もちろん異常なし。

 

2か月近く胃が痛かったり、1か月ぐらい腰痛で辛い思いをしたり…。

 

毎日の恒例の症状はまず、朝、えずきます。結構慣れましたが気分は不快ですし、それなりに苦しいものです。

だいたい午前中は頭がぼーっとしています。朝食後は動悸がして、そして、伝家の宝刀「デパス」の出番となります。

まあ、午後からはなんとなく動けるようになります。

まあ、一番の楽しみは缶ビールのプルトップをプシューッとあけて、ぐびぐび、とやる瞬間ですかね~たまりません。今やこのためだけに生きているようなもんです。

f:id:inunekotori:20151118150126j:plain

 

次回は薬の話をしましようか。SSRIとかγオリザノールとか。