読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワシが自律神経失調症になりまして。

心身症との20年間の付き合いの笑えないようで笑える生活をつづります

わしらもうアカンかもしれん~

 

泣き言のオンパレード

休職から復帰しても、ほとんど毎日朝からエズいていました。(うえっ~)

会社で嫌な仕事が待ってる場合は、特にひどかったですね。

 デパスを飲んでも、これだけは毎日、欠かすことのできないの発作でした。

そして、すぐにこの言葉が出てきます。

「もうアカンかもしれん」

f:id:inunekotori:20151204124436j:plain

 

次に開発された泣き言が、

 「わしに行けるか?」

です。

 

多分、10年ぐらい前でしたか。

佐藤浩一さんが演じていた、いくつかあるマークXのCMの一つです。

佐藤さんが重要な仕事を任されたという設定で、車の中でこんな言葉を呟いていました。

「俺にできるか!」(かっこいいんですよ、これが)

これを文字ってできたのが、「わしに行けるか」です。

レベルが全然違いますね。

 

佐藤さんは重要な仕事を任せれ、俺にできるか、自問してるわけですが、

私の場合は、玄関を出るとき、

「わしは会社まで行けるか?」て自問しているわけですから、

情けないことこの上なしです。

 

私の2大泣き言フレーズです。

「わしら、もうアカンかもしれん」

「わしに行けるか(会社へ)!」

なかなか かっこ悪いでしょ!

 

電車に乗るまでが大変

とにかく、会社へ行くときの電車までの道のりで、えずきます。

もう倒れるのんちゃうか、というぐらい酷いときもありましてね。

日によって違いましたが、だいたいは改札あたりで吹っ切れましたね。

たまに駅のホームまで引きずっていました。

f:id:inunekotori:20151204124621j:plain

でもなぜか電車に乗ると治まるから、不思議です。

電車を降りて会社までの道で再びえずく、なんてパターンもありましたね。

「わしに行けるか!」

「わしら、もうアカンかもしれん」

 

「アカンかったわ」

て日も当然ありました。

 

とにかく乗り物が苦手です。

今でも、電車に乗るのはかなり緊張します。

f:id:inunekotori:20151204124644j:plain

当然、調子が悪いときはえずきます。

車の運転もするのですが、右車線にいると不安で、もっとダメなのが高速です。復職してから(13年間)阪神高速に乗ったのは2回ぐらいです。

もう決死の覚悟で。

f:id:inunekotori:20151204124708j:plain

 

 

でも、乗ったら乗ったで何とかなりました。電車と同じです。

最近、えずきながらでも運転できる技術を身につけました。

(アホな技術です)

 

 

そしてついに、もっと新しい言葉を見つけました。

「こんでええんですよ」

これは料理の土井善晴先生の口癖のパクりです。

 

最後は開き直りしかありません。

山ほどピンチがありましたが、とにかく何とかなりました。

「こんでええんですよ」(標準語だと、これでいいんですよ、ですか)

 f:id:inunekotori:20151204125030j:plain

 

自律神経失調症はもう墓場まで持っていくつもりです。

治らなくてもいいんですよ。

「こんでええんですよ」