読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワシが自律神経失調症になりまして。

心身症との20年間の付き合いの笑えないようで笑える生活をつづります

会社員時代の心身症…1 最初の異変は喉の違和感…最強の特効薬はデパスでした

 最初に行った病院

20年ぐらい前ですから、おそらく平成5~6年、2000年まであと4~5年ぐらいの頃だと思います。

 

f:id:inunekotori:20151107142632j:plain

のどに違和感を覚えたので、まず、耳鼻咽喉科へ行きました。

のどをスコープで調べてもらいましたが、異常はありませんでしたので「精神的なものでしょう」ということになり、漢方薬を処方されました。

有名な「半夏厚朴湯」です。

これは全く効果はありませんでした。それから何種類かの漢方薬を試してみましたが、結局「これはあかんな」と思い、違う病院へ行くことにしました。

 

心療内科

20年も前だとなかなかそういう病院も少なくて、しかもネットなんて便利なものもありませんでしたから、探すのに苦労しました。

耳鼻咽喉科で「おたくでは治らないので、病院を紹介してくれ」と言えませんしね。

 

f:id:inunekotori:20151107142654j:plain

心療内科は、予約制ではありませんでしたので、混んでいましたね~。

最初は土曜日の午前中に行きましたので、下手をすると2時間待ちなんて時もありました。

こういう病院へ行くのはまだまだ抵抗のある時代でしたので、こんなに患者が多いとは、驚きましたね。

 

最初の病名は「心身症

年配の方は覚えておられると思いますが、飛行機の着陸失敗で大事故を起こした「片桐機長」がこの病名でした。

もうこの頃はのどの違和感だけでなく、完全に「心の病」の自覚がありましたから、病名を告げられても、特に驚きはなかったですね。どんな病気なのかはよくわかりませんでしたけど。

実は、この頃の記憶はあいまいで、病院が混んでいたことぐらいしか覚えていません。

 

とにかく、なんとなく精神的に辛くて、わかってもらえるかどうかわかりませんが「気持ちがしんどい」状態でした。

昼ご飯を同僚と食べに行くのが辛くて、弁当を持参するようになったのを覚えています

 

どうやら心身症の治療では、治らないようでしたので、また転院しました。

 

今度こそ直してくれそう

最初の問診の段階で医師は、結構自信があるような口ぶりでしたので、「今度は期待できるかも」と思った記憶があります。

残念ながら、期待は裏切られました。

自律神経失調症」ということで治療を始めましたが、なかなか思うような効果は得られず、かといって悪化することもなく何年か定期的に通院し、「デパス」と出会いました。

 f:id:inunekotori:20151107142722j:plain

即効性抜群の薬

精神安定剤はいくつか試しましたが、劇的に効果が感じられたのはデパスです。

この薬のおかげで、しばらく会社生活を「ごまかしごまかし」でも、なんとか勤めることができたように思います。

 

しかし、デパスでは根本的な治療は出来ません。所詮ごまかしの薬です。

眠くなるという以外に大きな副作用はなく、即効性があるので、服用している方が多いと思います。

 

そして、だんだん利かなくなってくるし、さらに病状が悪化していき、ごましでは会社へ行くのが無理。ごまかしがきかなくなって…

 

 

そしてとうと休職することになりました。たしか48歳だったと思います。

この続きは次回に…

 

【ワシの闘病記 会社員時代編】

  1. 最初の異変は喉の違和感 〜病歴20年の始まり〜
  2. ついに2年間の休職
  3. 休職中、わらにもすがってナゾの宗教体験!
  4. まさかの職場復帰、そして“めまい”
  5. 月曜日が怖い。。定年前に属託になったけど